この記事は約 5 35 秒で読めます。

更年期障害で身体がツライ

更年期というのは、その時期にくれば誰しも(実は男性にもあるので男女問わず)経験することになるものです。

更年期障害の症状がツラい場合には、もちろん病院で専門家の指導を受けることは大切です。

ただ、症状としてとってもしんどい時期に薬に頼ったとしても、長い人生ですから、少しくらいの不調なら自分なりの方法で更年期を乗り越えたいと思いますよね。

今回は更年期障害や、更年期を乗り越えて以降の自分の体との付き合い方などについてご紹介します。

更年期には「オーダーメイド」の「付き合い方」や「乗り越え方」を身につけよう

体温の調整がうまくいかない

体調が悪い時、周りからアドバイスや心配をされて「大丈夫よ!自分の体は自分が一番よくわかっているから!」と答えたことがある人は多いのではないでしょうか?

実際に、更年期が始まるくらいまで生きていれば、自分の体がどうすれば不快な状態になるか、また良い状態になるかはほぼわかっていますよね。

例えばお酒はどのくらい以上飲むと体調を崩す…とか、風邪をひく前には胃が痛むことがある…なんていう「その人独自」の前触れなどです。

こうしたものは、きっとあなたにも何かしらあると思うのですが、更年期については風邪やお酒のように付き合いが長い症状ではないので、自分でも自身の体調不良をコントロールすることは簡単ではありません。

ましてや更年期障害では精神的な落ち込みなどがあることも多いので、普段は冷静な人でも「○○をすれば状態が良くなる」という上手な乗り越え方をすぐに見つけるのは難しいのがホントのトコロです。

ですから、更年期障害についてはまず症状をコントロールできるようにするためと、精神的な落ち込みなどを深いものにすることを避けるために、一旦は病院で状態を診てもらうことが大事になります。

そのうえで、ずっと薬に頼らなくても良いように「自分なり」の乗り越え方などを身につけることが大切になるのです。

自分なりの乗り越え方とは??

自分なりに、自分の心身に合った方法で、更年期障害を乗り越えていくには、何より「自分のこと」を良く知る必要があります。

更年期障害で病院にかかることがあったのであれば、どういう薬は自分に合っていて、どういう治療法が自分に合っていないかを少しずつ書き溜めていくのが良いでしょう。

そうすると、書き溜めたものを振り返るだけで「オーダーメイド」のような「乗り越え方」がわかるようになります。

Aという薬が合っていたけど、Bという薬は副作用が自分にはつらかったとわかれば、あなたはAという薬を中心に治療をしていくことがおススメなわけです。

そして、どういった症状の場合にどういった治療をしていたか、その治療のおかげでどこがどう改善したのかを記しておけば、漠然とした治療を続ける必要がなくなります。

例を挙げると、気分の落ち込みにはやっぱり病院での処方薬が効くけど、頭痛くらいなら市販の薬で充分だったとか、頭痛もちょっとお昼寝をすれば良くなるものだった…なんてことがわかれば、頭痛についてはわざわざ通院をする必要がなくなりますからね。

自分の体との正しい付き合い方を知っておく

冒頭でもお伝えしていますが、更年期というのは男女を問わず通過するものです。

特に女性の場合は、更年期にエストロゲンが減少することによる影響が大きくなるので、できれば思春期の頃から自分の体との上手な付き合い方を考えながら過ごすことが本当はとても大切なのです。

自分自身は体が冷えると調子が悪くなりやすいから、お風呂ではしっかり温まる方がいいとか、逆に血圧が高めだから食事に気を付けていないと妊娠した時にリスクが高くなるな…といったことは20歳を過ぎたら意識していった方が良いことです。

こうした自分自身の体や心との付き合い方を意識しておくだけで、女性は人生において妊娠や出産をどうとらえるかとか、どんな生き方が自分にとって幸せかということとしっかり向き合えるようにもなります。

もっと言うと、こうした意識を高めておくことで、女性特有の病気(乳がんや子宮がんなど)についても気にするようになり、結果として自分の健康を維持しやすくなるのです。

もしあなたが、更年期を迎えるまでにまだしばらくの期間があるのであれば、普段から女性に必要な栄養素などを積極的に補充しておくことをおススメします。

自分が納得する更年期の乗り越え方とは

あなたがこれから先の人生で、なるべく薬などに頼りたくない!と考えているのであれば、できるだけ早いうちから女性の体に必要な栄養素を補充して、普段から健康に気を付ける必要があるでしょう。

更年期は先にもご紹介しているように「エストロゲンの減少」が主な引き金となって、色々な症状が現れてくるものです。

そうであるならば、普段からしっかりとエストロゲンに気を付けた生活を送っていれば、必要以上にエストロゲンを減少させ過ぎずに済みますよね。

それに、エストロゲンが減りすぎることで起きる「骨粗しょう症」とか「肌のハリの減少」などなども、若い時から気を付けていれば最低限のダメージで済ませることだって夢ではありません。

更年期にはどうしても、ある程度のエストロゲンの減少は致し方ないのですが、だからと言って諦めるのではなく、前もって気を付けていることで防げるものもあることを知っておくのは大事です。

そして、知った情報を生かして、きっちり準備をしておくことは、いつまでも楽しく自分らしい日々を過ごすために、とっても重要なポイントであるのです。ふと鏡をみたときに更年期に疲れた自分の「老け顔」にゾッとしてしまうなんてことのないようにしたいものです。

具体的にどんな方法があるの?

更年期障害と深い関りのある「エストロゲン」について、前もって準備をしておくというのには、具体的に一体どんな方法があるのでしょうか?

例えば、身近な例で言えば、エストロゲンによく似た成分である「大豆イソフラボン」を積極的に食事に取り入れるというのは手っ取り早くてすぐに実行できる方法ですよね。

大豆イソフラボンはその名の通り「大豆(もしくは大豆製品)」に多く含まれているのですが、日々続けられて手近なのは納豆や豆乳、お豆腐でしょうか。

もし食事で大豆製品を食べる機会を増やすのが難しければ(納豆などは嫌いな人も多いですからね)、サプリを利用して補充するのもアリですよね。

イソフラボンを含むもの

更年期に備えて、またはまさに更年期で悩んでいる!という人におススメなのはやはり、イソフラボンがそのものずばり含まれているサプリですね。

人気のあるものでは、「白井田七」というサプリがありますね。

このサプリメントは田七人参を高い純度で配合したサプリメントで、つなぎとして2%の大麦のみをつかい、後は全て田七人参で構成されているという非常にこだわりが詰まっているサプリメントです。

田七人参は多くの栄養価において高い水準を誇っており、自然由来のイソフラボンがしっかりと摂取できるサプリメントに仕上がっています。

更年期を迎えた女性の多くがこのサプリメントを活用していて、また、一度使ったユーザーのリピート率がかなり高く、累計販売数10万個以上売れているサプリメントなんですよ。

もし健康系のサプリ使用初心者さんであれば、「白井田七」はかなりおススメのサプリと言えますよ。

ちなみにこの「白井田七」にはイソフラボン以外にも、女性の体にとっても大切な葉酸やビタミンD、ポリフェノールなどが配合されいてるので、妊活を考えている女性にもおススメのサプリと言えます。

若いうちから更年期だけじゃなく、妊娠しやすい体を維持したい!と思うのであれば、当サイトでも紹介している「フルミーマカ」というサプリもおススメです。

「フルミーマカ」は大豆イソフラボンが体内に吸収されやすい形で配合されていたり、葉酸の配合量が400μgと多いので、更年期対策だけじゃなく、妊娠のための体作りにも適しているののです!!

「高麗美人」、「フルミーマカ」ともに、大豆イソフラボンと葉酸によって、女性の体を健やかに保つサポートをしてくれますよ!
 

高麗ニンジン成分を含むもの

大豆イソフラボンなどは日常の食生活で結構摂取している…という人におススメのサプリは「高麗ニンジンの成分を含むもの」です。

ええ?そんなサプリあるの?と思われるかもしれませんが、これがあるんですよね。

あまり聞きなれないかもしれないのですが、超おススメの1つがこちら「高麗美人」です。

名前の通り、成分は高麗ニンジンから抽出されたものばかりです。モデルのアンミカさんなども美容と健康のために愛用しているサプリメントなんですよ。

中でもここがスゴイ!と言えるのが高麗ニンジンの「根」だけでなく、貴重な「実」をふんだんに使用しているということ。

実は高麗ニンジンの実には根より10倍もの栄養成分が詰まっているんですよね。

それをしっかりと、余すことなく配合している「紅麗珠」は大豆イソフラボンなど以外の「元気の素」をチャージしたい女性にぴったりのサプリと言えます。

SPONSORED LINK

アスタキサンチンを含むもの

更年期とか年齢が若いとか、そんなこと関係なく、女性がいつまでも気になるのはやっぱり「イキイキとした毎日」や「瑞々しい自分」ですよね。

そのために、女性は食事に気を遣ったり運動をしてみたり、美容のためにエステでケアをしたりするわけです。

ただ、それでもどうしても不足しがちになる「若々しさの素」は、いっそのことサプリで補充するのが現代女性の賢い選択ですよね。

更年期の体調変化や妊活のための栄養素補充以外に、若々しさと瑞々しさもしっかり維持したい!という人には「アスタキサンチン」という成分を含んだサプリをおススメします。
 
中でもこれがおススメ!というのは「太陽の恵み」という名のサプリ。

このサプリは赤ブドウ葉のポリフェノールやオリーブオイルのポリフェノールを多く含んでいるのがサプリの売りとなっています。

ただ、個人的にはポリフェノールを高濃度で配合しているサプリなら他にもないわけでないというのが正直なところなんですよね。

ですから、このサプリの本当の売りは「アスタキサンチン」がしっかり含まれているところ!と言いたいです!!

アスタキサンチンはサケやイクラに含まれるような赤い色素で、自然由来の成分です。

この成分はただ赤い色素であるだけではもちろんなくって、美容や健康に本ッ当に効果の高い成分なんですよね!!

もしあなたがすでにポリフェノール配合のサプリを何か飲んでいるのであれば、アスタキサンチンも含んでいる「太陽の恵み」に乗り換えてみることをおススメします。

きっと今までのポリフェノールのみのサプリとの違いにびっくりするはずですよ!!

プラセンタを含むもの

女性が美容のために摂取する栄養素と言えば「プラセンタ」ですよね。

今では馬由来のプラセンタが結構出回っていて、サプリでなくても化粧品などで使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

そんな美容と言えばプラセンタなサプリでおススメなのは非常に純度の高い馬のプラセンタが使用された「母の滴サラブレッド100」です!!

最近美容業界で話題沸騰の「プラセンタ」の中でもこれだけ質と量にこだわっているサプリメントはほかにないと言えるでしょう。美容のためのサプリを探している人にはぴったりですよね。

更年期で肌のハリや瑞々しさ、シミなどの悩みが大きくなっている人にはぜひ試してもらいたいサプリですね!

「母の滴サラブレッド100」のおすすめポイントとしてご紹介したいのは、「母の滴サラブレッド100」に使用されているプラセンタが市場にたくさん出回っている「豚由来」や「植物由来」のプラセンタではなく「馬由来」のプラセンタであるという点。

しかも馬プラセンタの中ではで最も遺伝子的に優れていると言われている、清潔で安全性の高い国産のサラブレッド馬から抽出した馬のプラセンタを、自社認定の工場で加工しているという徹底ぶり。

美容にかかわる、何より健康にかかわる「食品」ですからね、こうした配慮があると安心してサプリを利用できますよね。

このように、自分に普段のライフスタイルに合わせて一度どんなサプリメントが合うのかを検討してみるのがおすすめです。

近年はどの会社のサプリメントも優秀にできているため、「これを選びたい」と思ったものをまずは使ってみるのが一番いいでしょう。

当サイトでも、更年期障害に役立つサプリメントをランキング形式で紹介しているので、一度チェックしてみてくださいね!

どれも私自身が試してみて胸を張ってすごく良いと言えるようなものばかりを集めているので、参考にしてみていただけると幸いです。

>更年期障害に効果の高い<
>サプリメントランキングを確認してみる<

The following two tabs change content below.
管理人:ミサ

管理人:ミサ

更年期に苦しむ母の姿を見ていると、娘の私は自分のことのように心が痛かったです。もし、このサイトをご覧になっているあなた自身が今現在「更年期障害」に悩んでいるとしたら、一番ツラいのはもちろん自分自身ですが、周りの家族も同じように苦しみを共有していることを忘れないでくださいね。元気なあなたの姿を待っている家族のためにも…更年期障害なんて吹き飛ばしちゃいましょう!